便秘と腰痛

便秘は腰痛の原因と言われるものですが、実際のところはどうなのでしょう。
実は便秘こそは腰痛の原因とも言えるものであり、ちょっと腰痛で厳しいなと思うようなことがあれば、便秘を解消することが何よりも大切となってきます。
便秘の状態は、体内に毒素が溜まっている状態なのですが、この毒素が身体にとって良い影響を与えてくれないのです。


便秘になると、血液の循環も悪くなりますし、腸内の周辺にガスが溜まってしまうことによって神経や内臓、血管に対しても悪影響を及ぼしてしまうのです。
その結果として、疲労物質が体内に溜まりますし、腰は腸に近い部分のため、必然的に痛みを感じるようになるわけです。


それから、毒素も同じように腸に近い部分である腰に溜まりやすいことから、腰の部分に痛みを感じてしまうわけです。
便秘が長く続いているという方は、まず腰痛を警戒したいところですね。
この便秘から来ている腰痛になった場合には改善の方法はあるのでしょうか。


まず、便秘から腰痛が来ていることが分かったのであれば、便秘の解消を第一に考えたいところです。
もしも食生活があまり良くないのであれば、それを改善させればいいですし、その中に運動を取り入れてもいいでしょう。
一般的に言われている便秘解消法で構いませんので試してみて欲しいところです。


また、血流改善も同じように腰痛の改善に効果があると思われます。
このサイトでは、便秘と腰痛の関係について紹介しています。
何かしらの参考になればと思います。

Copyright © 2014 便秘が腰痛の原因にも? All Rights Reserved.